2018年夏季は、

中京記念
 馬連2,430円(80%分的中)
北九州記念
 馬連3,630円(20%分的中)
紫苑S
 馬連680円(65%分的中)
 三連単16,070円(12点的中)
新潟2歳S
 馬連540円(40%分的中)
オールカマー
 馬連490円(50%分的中)


みたいな感じ。


相変わらずケーバと株式のキャッチボールはとても面白く、特に私は「ケーバのサイン読みの手法」で株式もやってるのですが、手垢が付いていない分、簡単なように思います。


年間売上約2.5兆円のJRA競馬。
一日取引額約3兆円弱の株式市場。
金額は明らかに 株式 > ケーバ だからケーバ自体は株式に支配される。だからそれに沿って馬券を買えば良い。
しかし、ある種のケーバの動きは株式の未来を教えてくれる。だからそれに沿って株式を売買すれば良い。


これは私の仮説であり、今はその実証実験を行っている、というわけですね。
2018年6月15日にはこんな記事も書いてみたのですが、はてさて、この銘柄はどんな展開をしていくことやら(書いた時点での終値3,255円)。


いずれにしても、日本で大っぴらに行われていながら誰も気付こうとしないケーバと株式のキャッチボールを楽しみ&稼ぎ、オモテ仕事を頑張り、とにかく精一杯生き抜いていきましょう!!


それでは、2018年秋季スペシャルパックへのご参加、お待ち申し上げます。
そして今後もこの欄がオススメで一杯になるよう精一杯頑張っていきます!!

そしてキムラハヤオといったら、やはりコレになっちゃうんでしょうねえ(笑)
 個人的・配当的には↑の2011年オークスの変態度合いが好きなのですが‥。